特定空き家とは

 特定空き家って何でしょう。
 空き家になってだれも住んでいないと家はどんどん傷んできます。
 そして、傷んだ家がそのまま建っているとご近所に迷惑が掛かったり、防犯上の問題や火災の問題等も生じてきたりしますが、今までは家を壊してしまうと固定資産税が6倍に上がったりするので、壊すに壊せない人も多いと思いますが、特定空き家に該当してしまうと固定資産税の優遇措置は受けられなくなるので、売却や土地活用を考える人も増えてくると思います。
 ただ持っているだけで固定資産税が6倍になったりするのですから、該当しそうな人は少しでも早く対応する方が良いかもしれません。

 空き家を売却する場合、お値段と解体費用と、固定資産税等々が関わってきたりしますが、この辺も十分に考慮した上で売却したいところですが、これらの問題は結構複雑ですから、プロの業者さんに少しでも早く相談する方が良いでしょう。

 

 不動産を売却する場合、イエイなどの不動産売却一括査定を使うと、売却に関する相談コーナーなどがありますので、情報収集や不動産売却に関する相談も出来たりしますので、おススメです。

 

 もしも、不動産をそのまま持ち続けるにしても、不動産の活用を考えてみるという方法もあります。
 スマイスター土地活用無料一括等を使えば、簡単にプロの業者さんに貴方が持っている不動産の活用について提案してもらえますので、結構便利です。
 もしかしたら、思ってもいなかったような土地活用の方法が出てくるかもしれません。

 

 なお、特定空き家については自治体からの解体費用の援助等もあったりしますので、キチンと調べましょう。(文京区空き家等対策事業)参照
※国土交通省 「特定空家等に対する措置」に関する適切な実施を図るために必要な指参照
 

 

※ここで述べている内容は個人的に集めたものですので、万一内容の不備等により損害が生じても、当方は一切責任を負いません。参照は自己責任でお願いいたします。