不動産売却をしようと思って不動産業者に出しても査定額が違うわけ

 

 

 不動産売却をする為に、最近では不動産売却一括査定をする人が増えていますが、かなり査定額が査定する不動産業者によって違ってきたりする訳はどこにあるのでしょう。
 同じ物件だったら、そんなに値段は変わらないと思うのが普通の考え方ですし、実際そんなに違わない事も多いと思いますが、これについて考えてみます。

 

複数の業者さんに査定依頼をすると査定額が大きく違う事がある訳

実際にその近辺で同じような物件を売った経験がある

 過去、同じような物件を相場より高く売りに出し、しかも実際に問い合わせが多数あった場合などは需要がまだあると判断されると、高値が出る可能性が有ります。
 地元の業者さんなどはこうした情報をおさえている可能性が有ります。
 また、逆にいくら頑張ってもその地域で同じような物件が売れなかった経験を持っている不動産業者さんも居るかもしれません。
 その場合は査定額を安めにするかもしれません。
 査定する際に参考にする事例が異なれば、査定額が違ってくるわけですね。

 

 

ノウハウは不動産会社によって違う

 例えば不動産を売るために広告を出すにしても、不動産会社さんにはそれぞれのノウハウがありますから、そのノウハウを使って貴方の物件を売ってくれると考えると、高く売れるノウハウを持っている不動産業者さんにお願いしたいところです。

 

実際に売れた物件を参考にしていても、事情が異なる場合

 売り主さんがすぐに売って欲しいという事であれば、不動産業者さんは安めの価格で売ろうとしますし、待っても高く売って欲しいという事であれば高く価格設定をしてみる事もあると思いますが、物件の売却価格はそれぞれの事情を含んだものになっていますので、事情があってもしかしたら相場よりも安く手放している事例もあるかもしれません。
 これらも個々の不動産業者さんが査定の際に参考にしている物件によって査定額に差が出る事になります。

 

契約を取りたくて高めの設定をする場合

 媒介契約を取りたくて高めの設定をし、媒介契約を取った後に売れなかったら値段を下げる事をお願いしてくる不動産業者もあるかもしれません。
 


 こうした事から、査定後にその根拠を聞いてみるのも良いでしょう。

イエイ不動産一括査定の口コミをチェック

 

そもそも、査定価格とは

 不動産売却でよく耳にする査定価格とはいったい何でしょう。
 査定価格は、不動産売却の際、不動産業者が「この価格なら売れると思う」と言ってだしてくれる一種の目安です。
 不動産取引は相手がいないと成立しませんので、実際には査定価格よりも高く売れる可能性も安く売れる可能性もあります。
 つまり、納得して買ってくれる相手がいないと、査定価格自体はあまり意味が無いといえるかもしれません。
 売り手に都合がある様に、買い手にも都合があって、その二者の思惑が一致した時に初めて売買が成立するといっても良いでしょう。
 ですから、査定額が上がったからと言って喜んだりするのではなく「今、不動産業者はこんな風に考えているのですね」くらいに参考価格としておさえておくのも良いでしょう。
 むしろ、重要なのは査定の根拠です。
 プラスの面を落としている業者さんが居るかもしれませんし、マイナス点を見落としている業者さんも居るかもしれません。
 また、実際に不動産業者が売却活動をしてくれることになりますが、これも、どのような売却活動をしてくれるのかを確認しておきたいところです。

 

机上査定と訪問査定

 いわゆる取引事例比較法で査定を行う場合、不動産の査定には2つの形があります。
 いわゆる机上査定と訪問査定です。
 では、机上査定と訪問査定のメリット、デメリットなどをお話しします。

 

 机上査定は、不動産会社が実際の物件を見ずに査定価格を出す方法なのですが、この方法は具体的に売却を検討している段階ではなく、大よその価格を知りたい時などに便利です。
 業者さんから査定書とかにして査定価格と、その査定額の根拠を知らせてくれます。

 

 訪問査定は、不動産業者の担当者が貴方が売却を検討している家を訪問し、部屋の状況、眺望や日当たり等をチェックして査定価格を出すため、机上価格よりもより具体的で実態に即した査定が期待できます。
 ですから、本気で売却を考えているなら訪問査定の方が良いでしょう。
 一般的な査定依頼のやり方としては、最初に机上査定をお願いして、その後に訪問査定をお願いするというケースが多い様です。

 

 訪問査定のデメリットとしては、しつこい営業をかけられる不安とか、ご近所に不動産を売ろうとしている事が分かってしまう事があるなどのケースが考えられます。
 しつこい営業をかけられたりする場合は、イエイを使っているとイエローカード制度を使ってクレームを入れる事が出来ます。

 

 いずれにしてもマンションは部屋の向き、部屋の状況や実際の眺望、日当たりなどで成約価格が動く事も十分にあり得る事なので、机上査定だけでは不動産業者さんもよく分からないケースも有る様です。
 訪問査定と机上査定の差額が大きい場合などは、その根拠を示してもらうと自分の中で整理できて良いと思います。

 

営業担当者によって査定額が違う

 いわゆる机上査定にせよ、訪問査定にせよ、営業マンの主観が必ず入っているといっても良いでしょう。
 例えば過去に同様な物件を扱ってあまり芳しくなかった場合はどうしても低めに見積もりがちになるでしょうし、
買主が早く見つかって好条件で売る事が出来た経験がある場合は高めの査定を出してくるかもしれません。
 不動産のどこを見るのかによっても変わってきます。
 これは、良い部分をしっかりとアピールするのか、悪い部分をしっかりと見るのかによっても査定額が変わってきますし、確実に売れる線で査定額を出してくる人もいれば、前にも書いたようにイエイなどの不動産売却一括査定サイトで査定依頼をしていると分かっていると、自分のところで取りたくて高めの査定を出してくる人もいるかもしれません。
 いずれにせよ、不動産のマーケット自体は日々動いており、1か月前と今では競合条件が異なるのが普通ですから、過去の経験が当てにならない事も有るでしょう。
 したがって、過去の売却体験を聞くのはとても参考になって良い事ですが、過去の売却価格はあくまで参考として捉え、少しでも高く売れる様に販売戦略を立ててもらえる営業マンを探したいところです。

 

査定額=売れる額とは限らない

 そもそも論になってしまいますが、査定額よりも高く売れることはあまり無いかもしれません。
 しかし、査定額が高いから高い額で売れるとも限らないのも事実です。
 高い査定額が出たからと喜ぶのではなく、そこからがスタートたという感覚が大事な事だと思います。