不動産売買の失敗談成功談などの体験談集です

 不動産の体験談をコラム形式で集めてあります。
 不動産売買の過去の体験談を知っておくことは、貴方の不動産売買の役に立つかもしれません。
 イエイなどで不動産の売却を考えている人も、買う側がどんな考え方で不動産の売却を考えているのかは参考になると思います。

マンションを購入しましたが、退職で大変でした。

 

 一戸建ては値段が高いため、マンションタイプのものをマイホームとして購入しました。
 公団のマンションの家賃より、こちらのマイホームの方がローンが若干安いので、始めは何の問題もありませんでした。
 問題は、定年になって退職してから発生しました。

 

 定年退職後は年金暮らしになったので、ローンのボーナス月の支払いができなくなってしまったのです。
 確かに、契約した時にはボーナスの収入がありました。
 しかしそれから数年後に退職したらボーナスがなくなるので、ローンのボーナス払いができなくなるということに頭が回りませんでした。
 本来は退職金で残金を払う事になったはずですが、退職金がアテにしていたほど出なかったのでこのような事態になってしまったのです。

 

 退職金をアテにしていたので大変なことになり、結局マンションを売却することになりました。
 不動産会社の営業の方に手伝ってもらい、チラシを配ったりインターネットで宣伝してもらいましたが、なかなか売れませんでした。

 

 そこで、藁にもすがる思いでマンションの競売をやってみました。
 すると、買い手が見つかりました。
 当初は新築マンションで、3000万円くらいしましたが、この度は2000万円位で売れました。
 借金もできましたが、現金2000万円も手に入れることができました。
 売れた時にはとてもホッとしたのを覚えています。
 結局また公団にもどりましたが、これを元手に また不動産会社でマイホームを探してもらおうと思っています。

 

 不動産購入で一番勉強になったのは、ローンをボーナス払いにするのは、避けた方が賢明だということです。
 不意の出費にも対応できませんし、修繕費用等々も掛かるかもしれません。そんな時にボーナスは強い味方になってくれると思うのです。
 ボーナス払いをせずにローンを組めるのであれば、、一定の安定した収入があればという条件がある事が前提なら、、個人的には早めに不動産を買っても良いのではないでしょうかと思います。

 

戸建住宅を買う際に、特に気をつけた事

 

 私は数年前に今住んでいる中古の戸建住宅を購入して、暮らしています。
 戸建住宅を買う際に重視したこととしては、間取りと値段です。
 当時第一子を妊娠中だったのですが、子どもが二人ほしいと思っていたので、家族4人で住める家ということを考え、間取りを重視しました。

 

 子ども部屋2つ、みんなの寝室、リビング、和室などの部屋数がある物件の中で絞り込んでいきました。
 結果的に4LDKになったのですが、間取りが広めの家で、ゆったりと住めるというところが気に入りました。

 

 間取り以外にも重視したのは、値段です。
 夫のお給料で組めるローンのギリギリまでは返済が大変と思ったので、25年ローン、ボーナス返済なしで返せる金額に抑えて購入をしました。
 30歳で購入したので定年までに返済が完了しますし、もし、余裕があったら繰り上げ返済とかも視野に入れる事も可能です。
 物件自体は2,700万円の物件になりました。

 

 この金額で同じエリアの新築を購入すると、間取りが狭くなるなど限られてきたので、我が家は新築だけではなく中古住宅も視野に入れて、比較検討する中で築8年の築浅の物件を選ぶことにしました。
 最初は新築にこだわっていたのですが、中古も視野に入れることでぐっと幅が広がりましたし、結果的に一番気に入るものに出会えました。
 個人的な経験でしかないですが、家は10年以上経つとかなり安く買う事が出来、新築の家はかなり割高とも言えると思いました。
 もちろん、住む前にリフォームしてから入り、100万円程度はかかりましたが、今でも特に不都合な所もなく、満足のいく家を見つけられたと思っています
 こうした事から、気に入った中古住宅を手に入れて好みのリフォームと設備の更新とかでより住みやすくするのも手ではないかと思いました。

 

人生で初めてのマンション購入経験
 

 

 わたしは最終的には実家をリフォームしてそこに住む予定でしたが、実家からはかなり遠い関東地区での勤務が長くなりそうだということで、会社の家賃補助が薄くなるタイミングでマンションを購入することにしました。
 もちろん、前述のような条件だったので、いかに値段が下がらない物件を探すかが大きなポイントです。
 何しろ売却することが将来的にはわかっていたからです。
 さらに家内は、せっかくなので記憶に残るマンションを探そうと言っていたので、それも踏まえての物件探しになりました。
 そこで当時かなり話題になった、タワーマンションを買う事にしたのです。
 おかげでマンションを見つけてから入居までに2年という長い歳月を要してしまいました。
 しかし、実際にこうした大規模マンションを選択してよかったのはいくつかのポイントがあります。
 まずはインターネットをはじめとして供用設備が大規模だけに安くなる点です。さらに共用設備もかなり充実しています。
 プールやフィットネス、ゲストルームなどまるでホテルのサービスのようでした。そして、何よりもありがたかったのが、売却時に購入時よりも高額だった事です。
 思いのほか転勤が早く実家近辺の地域の勤務に戻るにあたって売却をしたのですが、かなりの利幅が出て、お得な買い物になりました。
 住んでいるだけなのにお金を貯金しているような、なんだかバブル時代のような錯覚に陥りそうな、財布にも記憶にも残る物件でした。

親からマンションを相続したけれど結局負債に

 

 親が亡くなってマンションを相続しました。
 でも、子どもたちは既にそれぞれ住む場所があって、誰もそのマンションに住む事が有りませんでした。
 色々と活用とかも考えたのですが、結局売る事にしました。
 既にマンションの支払いは終わっていたのですが、マンション自体がかなり古く、同じような条件のマンションのの売買状況などを調べると、結局売りに出された物件がすべて売れ残っているという厳しい現実を突きつけられました。

 

 私たちが住む地方では、住む予定のない実家マンションを売りに出しても、よほど立地が良くなければ簡単には売れないのが現状なのかもしれません。。
 交通至便のマンションなら安い価格で売りに出せば売れない事もないかもしれませんが、そんなに良い条件のマンションばかりではなく、古いマンションの場合はエレベーターがなかったりしたら、築年数の浅い売りマンションが多数あったりす場合、なかなか買い手が見つからないのも当然です。

 

 実際に私が当該売りに出したところ、不動産会社に売却を依頼しても、希望価格どころか問い合わせも内覧もなく1年以上そのままになってしまいました。
 それならば賃貸に出そうかと思いましたが、さすがにリフォームしないと難しいのでリフォームで何とかしようと思いましたが、結局リフォームしたからと借り手がつくとは限らないので、リフォームにかけたお金がいつ回収されるかも分かりません。

 

 

 マンションは持っているだけで管理費や修繕積立費用がかかるので、維持するけでお金が毎月出て行くのです。。
 親から相続するマンションは、賃貸に出したり売りに出したりするなど、資産として役に立つと思っている人も多い様ですが、そうでないケースも有りますので、相続する前にイエイなどの不動産売却一括査定サイトで査定してもらって、売れる可能性をチェックしておくのも良いのではないでしょうか。

叔父さんの家を相続して売りました

 

叔父の家を相続する事になり、売りに出した時の体験談です。
 叔父にはかわいがってもらったので、叔父が亡くなってから直ぐはなかなか気持ちの整理がつかずに家と土地をそのままにしていたのですが、叔父の家と私たちが住んでいる地域がかなり離れていた事もあり、今後の維持管理の困難さを考え、売りに出す事にしました。

 

 私は不動産売却の経験が全くなかったので、でいろいろと情報を収集しました。
 結局、複数社に見積もりをお願いしたほうがより良い結果も得られそうですし、見積サイト自体で相談に乗ってくれるところも有るという事で、イエイのような一括査定のサイトにて依頼を行いました。
 少し待っていると、複数社から査定額の提示がありました。
 査定と一言で言っても、各社ごに見積に個性があり、大雑把に金額だけ出してくるところも有れば、細部まで根拠を積み上げてくるところも有りました。
 そうした業者さんの中で、マンションのモデルルーム用地を探していた不動産がいたのはラッキーでした。
 この業者さんは他社に比べて倍の見積もり額を提示していただけたので、そちらに決めました。
 これも、やはり一括見積もりをお願いしていたから掴んだ情報だと思います。
 もしも、その不動産業者さんを個人的に見つけても、あの値段が出たかは疑問です。
 その業者さんから見たらどうしても欲しい土地でしょうけれど、他にライバルがいなければそんなに出す必要もなく買う事が出来ると思ったかもしれませんし。
 今回は、不動産御者さんに直接売れたのも大きなメリットで、プロの業者さん相手ですから、素人さんに売るよりも安心感がありました。
 こうしてみると、やはり情報量がより増えるイエイのような一括査定サイトで査定依頼するのはメリットがあると思います。
 売買を終えてみて感じるのは、、あのまま空き家としてズルズルと保有していても、いろいろと維持管理の手間がありましたし、叔父の土地が他の人の役に立ってくれていると思うと、気持ちはすっきりし良かったのかなと考えています。

 

親の残した中古マンションに苦しむ
 

 

 通常、相続となれば、財産が転がり込んでくるというイメージがわく人が多い様ですが、実際には親が借金を残して、それを返し続けているというケースもあるようです。
 私が經驗したのは、それがマンションだったという話です。
 最近は売れ残りのマンションも場所によっては増えている訳ですが、それらを相続したらどうなるのか・・

 

 私は親が亡くなって中古マンションを相続しましたが、すでに住宅を持っていましたので、売る事にしました。
 こんな事はよくある例だと思いますが、これが思わぬ負担になってしまったのです。

 

 幸いにも既に親ローンを支払い終わっていたので、その点はとても助かりました。
 問題は、相続したので売りに出そうと同じマンションの売買状況などを調べると、売りに出された物件がすべて売れ残っていたという事実です。

 

 地方で交通の便が良く無いところでも、当時は右肩上がりの経済成長期ですから、バンバンマンションが建っていったのです。
 おかげで、売りに出ているマンションは沢山あり、それぞれが競合していますので、地方の、住む予定のない実家マンションを売りに出しても、よほど立地が良くなければ簡単には売れないという事実に愕然としました。
 売れなくても、管理費や固定資産税などは掛かってくる訳です。

 

 地方都市でも駅から近いとか、買い物に便利とか、何らかのメリットがあれば安い価格なら売れないこともないと思いますが、私が相続したのは旧耐震基準のエレベーターがなくて4階の部屋だったのです。
 これでは、近所に築年数の浅い売りマンションが多数あったりすれば、なかなか買い手が見つからないのも当然です。

 

 結局、不動産業者に売却を依頼しても、全く売れずに店晒し状態になってしまいました。 
 売れないなら賃貸に出そうと思っても、そのまま貸すわけにもいかず、リフォームの料金も結構掛かりますし、掛けたリフォーム料金を回収できるとも限りません。
 借り手がつかずにリフォームのお金を回収されないだけならまだしも、先ほども述べたように持っているだけで管理費や修繕積立費用がかかるので、年間50万円以上の費用がかかります。
 何もしていないのに年間50万円の金利を支払っているような感じになりました。
 私のように、親から相続したのは中古マンションは、通常は財産のはずなのに、いつの間にか負の遺産として、まるで借金地獄のような錯覚に陥る事もままあるようです。

はじめての一戸建て購入で重視した事

 

 私がはじめて一戸建てを購入するときに重視した事を書きたいと思います。
 私たちが買おうとしていたのは新築の一戸建てでした。
 通常、自分たちにとって目ぼしい価格帯の新築物件を色々見に行くと思いますが、物件だけでなく、その地域に住むという事で、まずは周囲にうるさい人やちょっと荒れた雰囲気がないかということは注意してみました。
 住み始めてからゴミ捨て場が荒れていたりすると嫌ですので、ゴミ捨て場の様子などもチェックしました。
 中古マンションなどを買う時は、ゴミ捨て場をチェックしてみるとか、よく言われていますので。
 やはり、住宅は高い買い物ですので、いやだったらすぐ引っ越しというわけには今度はいきません。
 もしかしたら一生涯付きあう事になるかもしれないという事で、隣近所は要チェックです。
 地域をチェックするという感覚で、平日に行ったり、土日にいったり、昼にチェックして、夜もチェックしたりしました。
 街灯がシッカリとしていないと、結構暗くて駅からの帰り道に不安になったりしますが、こういう事は夜チェックしないと分からないと思いましたので。

 

 また、、食料などの買い物は必須なので、買い物ができるスーパーなども実際に自分が通う事を想定してチェックしました。
 坂道だったりしたら、若いうちはともかく、年を取ってから苦労する事にもなりかねませんし。
 こうした事は、考えすぎといえばそれまでではありますが一生住む可能性を考えたら、年老いても自分たちが買い物などに出やすい環境を選びました。
 もちろん、子供の学校も大事です。
 親としては、おかしな経験をせずに済むように気を使うと思いますが、交通事故に遭いやすい道路とかもチェックです。
 やはり、子供が安心して暮らせる環境もとても大事だと思います。
 こうした事から、どんなに静かでよい物件でも、学校があまりにも遠すぎるところは候補から外しました。
 また、近くに子供のかかれる医者があるかも決めての一つになりました。
 小児科の救急外来とかもあるに越したことはないと思います。
 家族で年を取っていく訳ですから、小児科に限らず病院がしっかりと有るかどうかも考えました。
 こうした事をシッカリとチェックして今の今の土地と家を選んだのですが、数年経っても快適に住めていると思います。
 不動産購入というと、ついつい候補の不動産だけに目が行ってしまいがちになりますが、自分の家を買うというよりも、その地域に住むという部分も大事にして、より良い不動産探しをするのも良いと思います。

 

 

 

 

 

 

イエイ不動産査定の口コミに戻る

 

 

 

 

 

 

※情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。予めご了承ください。